丙午女のパワフル日和


 妻&母&娘&           ボランティア&友&         スクラップブッキング
by dori-dori-midori
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:Family( 446 )

盛り上がった一周忌法要

12月11日に父の一周忌法要が行われました。

12月10日が父の78歳の誕生日だったのになぁ~・・・
と思いながらの法要。

住職さんが自宅に来てくださって、11時からお経。
住職さんは10分前には来て下さったのですが、
その時にはすでに42人全員着席済み。
「あれ、時間間違えましたか?」と心配されましたが、
いえいえ、大丈夫です。

お経も回し焼香も済み、その頃には隣りの接骨院Pにバスが到着していました。
そのバス(食事をするところの)に乗って、みんなでお寺へ向かいました。
お寺で、お墓に住職さんとともにみんなでお参りをし、
住職さんもバスに乗り込み、全員で食事会場へGO!

施主である弟のぎこちない挨拶で会食スタート。


ここで、私と姪っ子の登場。


姪っ子2人とともに2日間かけて作った映像を
ステージに映して、その画像をもとに私が説明を。
スタートは、
「○○(父の名前)ヒストリー」というタイトルで
母の60歳の還暦祝いの席で父が母にプレゼントを渡している、
二人とも無茶苦茶笑顔の写真。

そこから、父の髪がフサフサしていた若いころの写真、
班のおじさま方と毎年同じところに旅行していた写真、
同級生4人と毎年夫婦で行っていた8人での旅行写真、
いとこ会の写真、
兄弟姉妹との写真、
家族集合写真、
家族旅行の写真、
そして・・・
23年前にこの会場で私が結婚式をした時の、
私と腕を組んで入場するときの父の超ご機嫌写真、
手を挙げてあちこちに愛嬌をふりまく ひょうきんすぎる写真・・・
その結婚式で私達夫婦からのサプライズで、両親にもケーキカットをしてもらいました。
その時の両親の新婚さんのようにはにかんだ笑顔のケーキカット写真・・・
私の娘が七五三の時に着物を脱いで髪を崩した時に
中から出てきた偽物の髪の毛を、娘が父の薄い頭に乗せ大爆笑の写真・・・
最後の手術に向かう直前の笑顔の写真・・・

たくさんの写真の中から選んだ写真を
パワーポイントを使って編集。
写真にコメントを書き込んだり、吹き出しにしたり、
言葉や写真がポップアップしたり・・・
写真の順番もあれこれ相談して、流れを作り、
それに合わせてグループタイトルもつけました。

姪っ子となかなか時間が合わなくて、前日の夜遅くまで編集。
パワーポイントって初めて使ったけど・・・
むちゃくちゃ おもしろい。
ハマりそう。

a0077891_9192513.jpg


音楽まで気が回らなくて残念でしたが、
参加して下さった人との関わりなどもお話ししました。
今は亡き叔父や叔母の写真もあり、
父から皆さんへの感謝を思いながら制作しました。

最後に父への思い・皆さんへの感謝の言葉を
1行、1行、アップしてくる形式で作りましたが、
それをマイクで読み上げていましたが、
途中で涙が出てきて 話すことができませんでした。
言葉も画面にしておいて良かった。

画像を出すタイミング、言葉を出すタイミング・・・
横に座った姪っ子がパソコン係で、
私のタイミングと合わせて進めてくれました。

懐かしい写真に皆さんからの反響も思いのほかよく、
住職さんは「新しい形の法要やね」と。

父の事を本当に愛して下さった皆さんが参加してくださっている法要だからこそ出来たことであって、
父があまり慕われていなかったならできなかったし、
私もこんな大変なことをしなかったと思います。
四十九日法要では余裕がなくてできなかったし、
3周忌法ではちょっと間が空き過ぎちゃうし。ね。


ほんとにほんとに・・・

自己満足。
[PR]
by dori-dori-midori | 2011-12-16 09:35 | Family

開眼式と納骨式

「開眼式」という言葉を初めて聞きました。

実家の父の納骨のために、
先祖代々からのお墓もすべて建て直しました。
この「しょういれ」の儀式が「開眼式」のようです。
人生の中で、そうそう立ち会えるものでもないので、
今回、貴重な体験をさせてもらいました。

お墓を建てたお祝いということで、
私と姉家族はそれぞれ「御開眼御祝」としてお金を包みました。
これは、御祝なんですね。

でも父の納骨式も兼ねているので、
のし袋をどうしたものかと悩みましたが、
今回は上のようにしました。

当日は快晴。
父の亡くなった日も、葬儀も、四十九日法要もみ~~~んな快晴。
ありがたいことです。

a0077891_2221223.jpg


墓石屋さんにいろいろよういしてもらうのではなく、
母がすべて おっさま に聞いて準備しました。
結構、いろいろ準備するものがありました。
塩・果物・洗米・酒・・・

20人以上が集まって、みんなで開眼式を見守り、
次に父の納骨をしました。

おっ様の話では、お墓に巻いてあるこのさらしは、
妊婦さんの「腹帯」に使ってよい、とのことでした。
見まわしましたが、近々の対象者もなく・・・
結局、ほかのものと一緒にお寺に納めて帰りました(#^.^#)

納骨は・・・
父のお墓は「夫婦墓」と呼ばれるものです。
その中には、父と・・・いずれ母が入ります。
その中にお骨を納めるときに、さらしの袋に入れてから納骨するものと思って用意してありましたが、
おっ様が「箸でつまみながら穴の中へ・・・」といわれ、
みんなで順番に箸でつまみながら穴の中へ納め、
最後に骨壺をひっくり返すように穴の中にお骨を納めました。

これで正しい???
お骨が混ざってしまうと思うんだけど・・・。
誰も何も言えなくて そのまま進んでしまったけど。
なんか不安だけど、いまさら袋に入れることもできないし・・・
あの世で父が「おいおい、雑やなぁ~(+o+)」と苦笑いしていそうな。

こんな、いいかげんな家族でごめんなさい。


でも、納骨が無事に済み、
やっと 一安心。
ほんとうに、ここまで長かった。


お墓を建てるって・・・
本当に、かなりの労力が要ります。
勉強になりました。
[PR]
by dori-dori-midori | 2011-12-13 22:16 | Family

まぐろフルコースツアー

自治会の旅行で「まぐろフルコースツアー」に行ってきました。
まぐろの画像はありませんが。

近所の友達は、友達奥様同士で参加。
我が家は、夫婦で。

私は生ものは苦手なんだけど、
ここ数年、年に一回の自治会旅行を
とっても楽しみにしているはまちゃんに引っ張られ・・・参加。

去年は福井。

今年は・・・焼津でした。

他にも近所のご夫婦何組も参加されていて、
いろんな方とお話が出来てとっても楽しい旅行でした。


a0077891_14433732.jpg

こんな「コーラ」を買ってきました。
飲むのが怖いけど、
a0077891_14434585.jpg

以前にTV番組で紹介していた一品。

そしてもう一つ、
静岡にきたら、みかんでしょ。
a0077891_1444168.jpg

ということで「みかんのジュース」もね。
[PR]
by dori-dori-midori | 2011-11-24 14:44 | Family

県美術館へ

昨夜は・・・楽しかったぁ♪♪

中学同級生男女4人の夜は・・・
喋って・呑んで・食べて…
久しぶりに 笑い転げました~。

そんな最中に仕事の依頼電話が(+o+)
今日はお通夜式・明日は葬儀式の仕事です。
明日は朝8時入り。
ギョエ~~~~~(>_<)


仕事の前に、娘と娘の友達を乗せて
久しぶりに県美術館へ行ってきました。

高校の書道の展覧会。

個人あり、共同作品あり。
どの作品も素晴らしくて、
一つ一つ丁寧に見て回るのが大変でした。


a0077891_2246846.jpg

娘の作品。

よくまぁ、こんなに字数が多いのを一気に書き上げるものだと
いつも心で拍手を送っています。

といっても、上には上がい~~~~っぱい、いっぱい、です。
[PR]
by dori-dori-midori | 2011-11-06 22:45 | Family

33年ぶりの伊勢参り

ここらへんでは「お伊勢さん」と呼びます。
「伊勢参り」に行ってきました。
しかも33年ぶり(笑)

考えたら、小学校の修学旅行で行ったきりだったわ。
岐阜県関市から近いようで遠い伊勢です。
子どもたちが小さいころは、賢島・二見ヶ浦・水族館・パルケなどは
時々行ったのに、お伊勢さんは行っていなかった
だからdori-dori家はご利益がなかったか。


昨日は、姉と姪っ子と3人で行きました。
173cmもある姪っ子と写真に写るとバランスが非常に悪い。
しかも、最初の鳥居の前での撮影では
私より一歩前に出て写っているじゃないのさ。
まったく、なんという奴。

a0077891_1154164.jpg




鳥居の前で一礼して入り、
たっぷり時間をかけて内宮を回りました。
外宮→内宮の順にお参りするのが本当みたいだけど、
5キロほど離れているので、今回は内宮のみ。

鳥居を過ぎてすぐに橋が架かっていて 五十鈴川が流れています。

a0077891_1161262.jpg


a0077891_1162153.jpg


この川で水を触って大騒ぎした33年前の記憶はある。
他の記憶は一切ない。
修学旅行なのに、なんで記憶がないのか


たっぷり時間をかけて内宮を回った後は、
さらにたっぷり時間をかけて「おはらい町」「おかげ横丁」を散策。

ここで行列に並び、赤福入りのかき氷を食べ、
クロパの時にクチコミ情報をいただいた「豚捨」でコロッケを食べた。
このクロパの時に「ブタステ」と聞き取れなくて、
「ナマステ~~~」と聞きとっていた私。
姪っ子と地図を見ていて「これだ~~~!!」
「ナマステ~~~」→「ブタステ」やね。と確信。
良かった、分かって♪

楽しい遠足のような旅も終わり、
家についたのが午後6:30。
娘はすでに夕飯を作って はまちゃんと食べ終わっていた。
ほんと、こういう時の娘にはいつも感謝です。
楽をさせてもらっている私。
はまちゃんも娘と二人だとお利口さんみたいだし(笑)
[PR]
by dori-dori-midori | 2011-09-30 11:07 | Family

お墓を建てるということ

父の一周忌までに 実家のお墓を立て直すということで
いま、身内で相談が続いています。

お墓って 意外と高い買い物。
しかも そうそう建てるものではないから、
詳細が全く分かんない。
相場さえもわからない。

幸いにも、高校時代の友人2人が墓石関係の業者さん。
ほかに、飛び込みで1軒墓石屋さんにあれこれ相談。
ということで、
3軒に相談して、
3軒から見積もりなどをもらうことに。。。

そして、決定権は・・・

実家の母。


母が造りたいのは、
1先祖代々の墓
2先祖代々の墓誌(板状のもの)
3父と自分の夫婦墓

私たちが
「父も先祖代々のお墓に入ってもらえばいいじゃないの、15人目として」

といっても まったくきかない。
父と自分は二人仲良く一つのお墓に入りたいらしい。
この部分は譲れないらしい((+_+))

父の事をとても大事に思っていたのは分かるけど、
ほんとに すごいなぁ~と今更ながら思う。


来週には業者さんを決めなければ、
12月の一周忌に間に合わない。

業者さんを決めて、
そのあとはお墓の細かいデザインの打ち合わせに入る。
ごく平凡な「和型」といっても、
部分的にはいろんなデザインがあるようなので。

急がないといけないけれど、
一つ一つ 大事に打ち合わせをして
納得のいくお墓にしてもらいたいと 心から思います。

こういうことに関わることができるのも 
そうそうあることではないので
とても貴重なお勉強です。
[PR]
by dori-dori-midori | 2011-09-24 20:02 | Family

まだまだ・・・

右を見ても左を見ても、
9月に入った今日から児童生徒は学校がスタートしている。

高校では、進学校などは と~~~っくに始まっている。




なのに。。。




うちの娘は、まだまだ。。。


9月12日から らしい。

再来週!?

早く始まってくれればいいのに。。。


娘は韓国ドラマにはまっていて、
「キム・タック」をかかさず観ている。
午後に部活がある日は録画も欠かさない。

私まで・・・はまってしまった。



早く、再来週がきますように。
[PR]
by dori-dori-midori | 2011-09-01 07:26 | Family

田舎のお盆は大騒ぎ

田舎のお盆行事は盛りだくさん。
岐阜県の中でも、地域によってこれまた違う。

a0077891_2192156.jpg

↑葬儀の時に供えた「灯篭」。
コンセントにさすと…クルクル回ります。

↓15日の夕方、家から10分ほどのちょっと大きな川へ
みんなで仏様を川へ送って行きます。
11人でゾロゾロと。
a0077891_2195171.jpg

a0077891_2110327.jpg

↑川の中へ入って行って、
石を積み重ねて、土台を作ります。
そして、お花やいろんなお供え物を置いてから
お参りします。
我が家はちょっと遅めだったので、
すでに何軒かのお花がたっていました。

a0077891_21101396.jpg

a0077891_21102519.jpg

帰りも隊列を作って歩きます。
別にそうじゃなくていいんだけどね(笑)
しかも、はまちゃん先頭。

この後、お墓に寄ります。
昔、土葬していたお墓です。
父のお骨も小さい方はここに埋めてあります。
そばには、30年ほど前に亡くなった私の祖父母が土葬されてます。
今では土葬はなくなって火葬になりました。

この敷地の端っこに、
動物も葬られています。
実家のハスキー犬「ロン」のお墓もあります。
父がとっても愛していた犬。
こちらにも、みんなで手を合わせました。

そして、奥の建物の中の石像にも手を合わせ、
最後に出入り口両側に建っている石像にも。

こうして、15日の行事は終わりです。



そういえば、私が子供の頃は、
班の中で葬儀があると、父が墓標などを作っていました。
母の話では、その昔には父は棺も造っていたようです。
大工でしたから、頼まれていたのね。

こうやって、お盆には大勢が集まって、
昔話をいろいろ話して、
忘れていたことを思い出したことも多数ありました。

今年もはまちゃんが長良川で釣った「天然アユ」が食卓に並びました。
父は「鮎」が大好きで、昔は網で「鮎」をとっていました。
「アユの塩焼き」は真っ先に仏前にお供えされました。



14日の昼間は25人ほどで食事をしましたが、
私の従兄(といってもかなり年上)たちといろんな話をしました。
家の横に「グミの木」があったことや、
畑の隅にあった「イチヂク」をよく食べた話。
みんなで写真もあれこれ撮りました。

昨年は、父も一緒に写っていたのに今年はいない。
そう思うと、毎年毎年がとても大切な気がします。
これからも毎年、写真を撮り続けたいと思います。

ほんとに、たくさん思い切り笑ったお盆でした。
[PR]
by dori-dori-midori | 2011-08-18 21:26 | Family

エケコ人形&爆笑

さっきTVを見ていたら・・・

『エケコ人形』が出ていた。

ちょうど、今日、娘とお店でエケコ人形を見て爆笑したばかり。

見ているだけで愉快になれるエケコ人形。
出会いの人形なのね。
(画像がなくてごめんね)

shoppingで検索してみてね。



a0077891_22344969.jpg

(実家の玄関に一人生え)



exblogの記事の中で
「母親から来た意味不明なメール」特集があった。

読むだけで、もう~~~笑えて仕方ない。
パソコンに向かって、一人で爆笑!!!

http://www.excite.co.jp/News/woman_clm/20110817/Pouch_26287.html
[PR]
by dori-dori-midori | 2011-08-17 22:32 | Family

娘と彼女

娘が、息子の彼女と遊びに出かけました。

といっても、女同士行くところは・・・
ショッピング~~~~!!


夜、彼女のアパートへはまちゃんと 娘を迎えに行きました。

猫好きはまちゃんは、
彼女の猫に一目逢いたくて・・・
玄関まで。

息子と彼女が飼っている ちょっとおデブな猫ちゃん。

ツンデレ猫ちゃんは、
今日もなかなか触らせてくれませんでした。


男は、こういうツンデレな態度に興味をひかれるものなのでしょうか。
[PR]
by dori-dori-midori | 2011-08-15 00:15 | Family

最新の記事

blog、お引越しです!
at 2012-01-07 18:13
今年もよろしくお願いします。
at 2012-01-02 10:32
関商工よく頑張りました
at 2011-12-30 21:42
久々に高島屋
at 2011-12-30 21:39
年内最後の仕事
at 2011-12-30 21:30

フォロー中のブログ

これが好きなblogだぁ~!

・スクラップブッキング日記

・スクラップブッキング party  party

・みきちのスクラップ・ブッキング

・スクラップブッキング工房 くろっぷ・あん

・Sawubona ScrapBooking!

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧