丙午女のパワフル日和


 妻&母&娘&           ボランティア&友&         スクラップブッキング
by dori-dori-midori
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

開眼式と納骨式

「開眼式」という言葉を初めて聞きました。

実家の父の納骨のために、
先祖代々からのお墓もすべて建て直しました。
この「しょういれ」の儀式が「開眼式」のようです。
人生の中で、そうそう立ち会えるものでもないので、
今回、貴重な体験をさせてもらいました。

お墓を建てたお祝いということで、
私と姉家族はそれぞれ「御開眼御祝」としてお金を包みました。
これは、御祝なんですね。

でも父の納骨式も兼ねているので、
のし袋をどうしたものかと悩みましたが、
今回は上のようにしました。

当日は快晴。
父の亡くなった日も、葬儀も、四十九日法要もみ~~~んな快晴。
ありがたいことです。

a0077891_2221223.jpg


墓石屋さんにいろいろよういしてもらうのではなく、
母がすべて おっさま に聞いて準備しました。
結構、いろいろ準備するものがありました。
塩・果物・洗米・酒・・・

20人以上が集まって、みんなで開眼式を見守り、
次に父の納骨をしました。

おっ様の話では、お墓に巻いてあるこのさらしは、
妊婦さんの「腹帯」に使ってよい、とのことでした。
見まわしましたが、近々の対象者もなく・・・
結局、ほかのものと一緒にお寺に納めて帰りました(#^.^#)

納骨は・・・
父のお墓は「夫婦墓」と呼ばれるものです。
その中には、父と・・・いずれ母が入ります。
その中にお骨を納めるときに、さらしの袋に入れてから納骨するものと思って用意してありましたが、
おっ様が「箸でつまみながら穴の中へ・・・」といわれ、
みんなで順番に箸でつまみながら穴の中へ納め、
最後に骨壺をひっくり返すように穴の中にお骨を納めました。

これで正しい???
お骨が混ざってしまうと思うんだけど・・・。
誰も何も言えなくて そのまま進んでしまったけど。
なんか不安だけど、いまさら袋に入れることもできないし・・・
あの世で父が「おいおい、雑やなぁ~(+o+)」と苦笑いしていそうな。

こんな、いいかげんな家族でごめんなさい。


でも、納骨が無事に済み、
やっと 一安心。
ほんとうに、ここまで長かった。


お墓を建てるって・・・
本当に、かなりの労力が要ります。
勉強になりました。
[PR]
by dori-dori-midori | 2011-12-13 22:16 | Family

最新の記事

blog、お引越しです!
at 2012-01-07 18:13
今年もよろしくお願いします。
at 2012-01-02 10:32
関商工よく頑張りました
at 2011-12-30 21:42
久々に高島屋
at 2011-12-30 21:39
年内最後の仕事
at 2011-12-30 21:30

フォロー中のブログ

これが好きなblogだぁ~!

・スクラップブッキング日記

・スクラップブッキング party  party

・みきちのスクラップ・ブッキング

・スクラップブッキング工房 くろっぷ・あん

・Sawubona ScrapBooking!

ファン

ブログジャンル

画像一覧